Bridge 対応「 PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity 」 4.0.2 リリース

PSOFT Pencil+ 4 Bridge に対応した「 PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity 」 4.0.2 をリリースしました。

Unity と 3ds Max 、 Maya の間で Pencil+ 4 ラインの設定が受け渡しできる Pencil+ 4 Bridge に対応しました。その他、細かなバグフィックスが含まれています。 Pencil+ 4 Line for Unity 登録ユーザー様は無償アップデートとなります。

前バージョンからの変更点

[ 新機能 ]

  • ラインの設定をインポート / エクスポートする Bridge 機能を追加
  • Unity 2018.3 以降に対応
  • Line Set Node に[Open Edge][Self Intersection]の設定を追加
  • 線で構成されているメッシュの描画に対応

[ 修正点 ]

  • Post-processing Stack v2 用として別々に存在していたパッケージの統合
  • パッケージのフォルダ構成の修正
  • Pencil+ 関連のプレハブを廃止し、各種 Node を生成するためのスクリプト機能を新たに追加
  • Pencil+ 関連のノードを生成するためのメニュー表示の改善
  • Pencil Line Effect コンポーネントの RequireComponent に Camera を設定
  • Line List Node の Line List / Material Line Functions List と Line Node の Line Set List の削除ボタンを押したとき、意図せずオブジェクトが破棄されてしまう動作を改善
  • Line List Node の Line List / Material Line Functions List と Line Node の Line Set List にオブジェクトをドラッグアンドドロップしても反映されない不具合を修正
  • Material Line Functions Node の Draw Hidden Lines を使用したとき、アウトラインの判定が正常に行われなくなる不具合を修正
  • Texture Map Node が正しく描画に反映されず、場合によってはクラッシュする不具合を修正
  • 軽微な GUI の修正

PSOFT Pencil+ 4 Bridge とは

Pencil+ 4 Bridge は Pencil+ 4 ラインの設定をファイルに書き出し、読み込むことができる機能です。シーンファイルとは別のファイルとして管理できるため、他のシーンへ容易に適用することができます。また、 Unity と 3ds Max 、 Maya の間で Pencil+ 4 のライン設定を相互に活用できるので、利便性が大きく向上します。

※ 各 Pencil+ 4 製品の間で互換性のないパラメータは含まれません。
※ Pencil+ 4 Line for Unity の Pencil+ 4 Bridge で書き出し / 読み込みができるのは Pencil+ 4 ラインの設定のみです。レンダリング結果はレンダラーのアルゴリズムによって異なります。

Unity 対応バージョン

Unity 5.6 以降
※ Post-processing Stack v2 での動作は Unity 2017.2 以降

アップデート方法

Pencil+ 4 Line for Unity 登録ユーザー様は、下記 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」から最新版をダウンロードしてください。

製品価格

※ Pencil+ 4 各製品の間で Pencil+ 4 の設定を書き出して読み込むためにはそれぞれのライセンスが必要です。