3ds Max 2015 対応版 PSOFT Pencil+ 3.09 リリース

Pencil+

Autodesk 3ds Max 2015 に対応した PSOFT Pencil+ 3.09  をリリースしました。

機能追加とバグフィックスが行われています。 Pencil+3 登録ユーザー様は無償アップデートとなります。 ネットワークライセンス版をお使いの方は、ネットワークライセンスマネージャーもあわせてアップデートしてください。

前バージョンからの変更点

[ 機能追加 ]
  • 3ds Max 2015 に対応
  • [Pencil+ 3 ライン ]のスクリプト機能の強化
  • [Pencil+ 3 マテリアル レンダーエレメント ]の[ ゾーン アルファ出力 ]の機能強化
[ 修正点 ]
  • [Pencil+ 3 マテリアル ]の GUI 上の表記ミスを修正
  • [Pencil+ 3 マテリアル ]の[ グラデーションバー ] から表示されるカラーピッカーにおいて、特定の操作を行うとキャンセルボタンが正しく機能しない不具合を修正
  • [Pencil+ 3 マテリアル ]の[ ライン関連機能 ]の[ 対象の隠線を可視線として描画 ]を使用した場合、意図しない部分に線が描画される場合がある不具合を修正
  • [Pencil+ 3 ライン ]の[ ストローク ] の[ 長さのランダム ]を 100 に設定するとフリーズする場合がある不具合を修正
  • [ 外部参照オブジェクト ]を使用し[ ライン合成ヘルパー ]も配置したシーンファイルを開こうとすると、[ ライン合成 ]ダイアログが表示されてしまう不具合を修正
  • ネットワークライセンスの通信の信頼性向上
[ 補足事項 ]
  • [Pencil+ 3 マテリアル レンダーエレメント ]の[ ゾーン アルファ出力 ]が機能強化され、ゾーンごとに[ マップ ]や[ ストローク ]のアルファ出力を細かく設定することが可能になりました。これにより以前のバージョンで作成されたシーンファイルと、レンダリング結果が異なる事がありますのでご注意ください。
    Pencil+
  • 本バージョン (Ver.3.09) より 3ds Max 2010 / 2011 用プラグインと、 32bit 版プラグインのメンテナンスが終了となりました。 3ds Max 2010 / 2011 用プラグインと、 32bit 版プラグインはインストーラーに含まれません。旧バージョンのプラグインが必要な場合は、ユーザーページ からサポートへお問い合わせください。

ネットワークライセンスをご使用の場合

networklicense_icon.png Pencil+ 3.09 のリリースに合わせて PSOFT Network License Manager 2.34 をリリースしました。ライセンスの通信に関する信頼性の向上や、細かな機能改善が行われています。あわせてアップデートしてください。

3ds Max 対応バージョン

3ds Max 2012 / 2013 / 2014 / 2015 ※各バージョンの 64bit 版のみに対応 (32bit 版は非対応 )

アップデート方法

Pencil+ 3 登録ユーザー様は、下記 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」から最新版をダウンロードして下さい。

製品価格

無償体験版

 各製品の無償体験版をご購入前にお試しいただけます。お客様の 3ds Max 上で プラグインを直接ご体感ください。無償体験版は、下記ダウンロードページにてご紹介しております。