株式会社白組 導入事例『えとたま ~猫客万来~』

株式会社白組 様ご提供、 2021 年 5 月 25 日(火)から ABEMA® 他にて配信開始『えとたま ~猫客万来~』の事例を Gallery に掲載いたしました。制作には PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max が使用されています。

えとたま ~猫客万来~
© えとたま製作委員会「猫客万来」

ムービー

Pick Up!

株式会社白組 導入事例『えとたま ~猫客万来~』

株式会社白組 様ご提供、 2021 年 5 月 25 日(火)から ABEMA® 他にて配信開始『えとたま ~猫客万来~』の事例を Gallery に掲載いたしました。制作には PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max が使用されています。

えとたま ~猫客万来~
© えとたま製作委員会「猫客万来」

ムービー

Pick Up!

3ds Max 2022 対応版「  PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max  」 4.2.1  リリース

セル画のような表現を  3DCG  で実現する ノンフォト リアリスティック レンダリング プラグイン「  PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max  」  4.2.1  をリリースしました。

今回のアップデートでは機能追加といくつかの不具合の修正を行いました。 本製品登録ユーザーは無償アップデートとなります。

前バージョンからの変更点

[ 機能追加 ]

  • 3ds Max 2022 に対応

[ 修正点 ]

  • [Pencil+ 4 マテリアル ]の[ マップチャンネルを法線として適用 ]が動作しない不具合を修正
  • 1 ピクセルに満たない微小なオブジェクトに対する[Pencil+ 4 ライン ]描画処理を改善
  • [ ライン合成ヘルパー ]を配置した単一のファイルから複数の外部参照を設定しても、[Pencil+ 4 ライン ]が一つだけしか参照されない不具合を修正
  • [Pencil+ 4 ファイル出力 ]の[ignoreEffects]パラーメータにスクリプトからアクセスすると例外が発生する不具合を修正

3ds Max 対応バージョン

Autodesk 3ds Max 2019 / 2020 / 2021 / 2022

ユーティリティプラグイン

Pencil+ 4 のユーティリティプラグインも 3ds Max 2022 に対応しました。

  • 「 Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max 」 1.0.3
  • 「 Pencil+ 4 Converter for 3ds Max 」 4.0.6
  • 「 Pencil+ 4 Spreadsheet for 3ds Max 」 1.0.3

アップデート方法

「 Pencil+ 4 」「 Pencil+4 Bridge 」「 Pencil+ 4 Spreadsheet 」は、 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」からダウンロードしてください。

「 Pencil+ 4 Converter 」は、ダウンロードページからダウンロードしてください。

製品価格

無償体験版

各製品の無償体験版をご購入前にお試しいただけます。お客様の 3ds Max 上で プラグインを直接ご体感ください。無償体験版は、下記ダウンロードページにてご紹介しております。

Pick Up!

3ds Max 2022 対応版「  PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max  」 4.2.1  リリース

セル画のような表現を  3DCG  で実現する ノンフォト リアリスティック レンダリング プラグイン「  PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max  」  4.2.1  をリリースしました。

今回のアップデートでは機能追加といくつかの不具合の修正を行いました。 本製品登録ユーザーは無償アップデートとなります。

前バージョンからの変更点

[ 機能追加 ]

  • 3ds Max 2022 に対応

[ 修正点 ]

  • [Pencil+ 4 マテリアル ]の[ マップチャンネルを法線として適用 ]が動作しない不具合を修正
  • 1 ピクセルに満たない微小なオブジェクトに対する[Pencil+ 4 ライン ]描画処理を改善
  • [ ライン合成ヘルパー ]を配置した単一のファイルから複数の外部参照を設定しても、[Pencil+ 4 ライン ]が一つだけしか参照されない不具合を修正
  • [Pencil+ 4 ファイル出力 ]の[ignoreEffects]パラーメータにスクリプトからアクセスすると例外が発生する不具合を修正

3ds Max 対応バージョン

Autodesk 3ds Max 2019 / 2020 / 2021 / 2022

ユーティリティプラグイン

Pencil+ 4 のユーティリティプラグインも 3ds Max 2022 に対応しました。

  • 「 Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max 」 1.0.3
  • 「 Pencil+ 4 Converter for 3ds Max 」 4.0.6
  • 「 Pencil+ 4 Spreadsheet for 3ds Max 」 1.0.3

アップデート方法

「 Pencil+ 4 」「 Pencil+4 Bridge 」「 Pencil+ 4 Spreadsheet 」は、 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」からダウンロードしてください。

「 Pencil+ 4 Converter 」は、ダウンロードページからダウンロードしてください。

製品価格

無償体験版

各製品の無償体験版をご購入前にお試しいただけます。お客様の 3ds Max 上で プラグインを直接ご体感ください。無償体験版は、下記ダウンロードページにてご紹介しております。

Pick Up!

PSOFT CharacterBox の Modo 15.0 対応に関するお知らせ

キャラクターアニメーション制作向け  Modo  用プラグイン「 PSOFT CharacterBox 」を Modo 15.0 に対応する準備を進めていましたが、 Modo 15.0 はファイル読み込みに問題が発生しているため、 15.0 への対応を見送る予定です。

Modo 15.1 以降のバージョンでの対応を検討していますので、しばらくお待ちください。

Pick Up!

PSOFT CharacterBox の Modo 15.0 対応に関するお知らせ

キャラクターアニメーション制作向け  Modo  用プラグイン「 PSOFT CharacterBox 」を Modo 15.0 に対応する準備を進めていましたが、 Modo 15.0 はファイル読み込みに問題が発生しているため、 15.0 への対応を見送る予定です。

Modo 15.1 以降のバージョンでの対応を検討していますので、しばらくお待ちください。

Pick Up!