「 PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity 」 4.0.3 リリース

コンポジットソフトウェアでの編集を強力にサポートする「 PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity 」 4.0.3 をリリースしました。

今回のアップデートでは Render Element 機能を追加し、任意のライン要素が Render Texture に出力できるようになりました。また、複数のオブジェクトをグループ化し 1 オブジェクトとしてアウトラインで描画する Merge Groups 機能も追加しました。ほかにもいくつかのバグフィックスを行っています。

前バージョンからの変更点

[ 新機能 ]

  • ラインのみの描画結果を Render Texture に出力する Render Element 機能を追加
  • 複数のオブジェクトを 1 つのアウトライン単位として扱うためのグループ機能を追加

[ 修正点 ]

  • GUI のリスト表示の項目を複数選択できるように改良
  • Line List Node の GUI 表示の改良
  • ビルドに失敗する不具合を修正
  • インポート設定の [Read/Write Enabled] を無効したオブジェクトをシーン上に配置するとエラーが発生する場合がある不具合を修正(詳細はマニュアルの FAQ をご覧ください)

Unity 対応バージョン

Unity 5.6 以降
※ Post-processing Stack v2 での動作は Unity 2017.2 以降

アップデート方法

Pencil+ 4 Line for Unity 登録ユーザー様は、下記 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」から最新版をダウンロードしてください。

製品価格

Pick Up!

「 PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity 」 4.0.3 リリース

コンポジットソフトウェアでの編集を強力にサポートする「 PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity 」 4.0.3 をリリースしました。

今回のアップデートでは Render Element 機能を追加し、任意のライン要素が Render Texture に出力できるようになりました。また、複数のオブジェクトをグループ化し 1 オブジェクトとしてアウトラインで描画する Merge Groups 機能も追加しました。ほかにもいくつかのバグフィックスを行っています。

前バージョンからの変更点

[ 新機能 ]

  • ラインのみの描画結果を Render Texture に出力する Render Element 機能を追加
  • 複数のオブジェクトを 1 つのアウトライン単位として扱うためのグループ機能を追加

[ 修正点 ]

  • GUI のリスト表示の項目を複数選択できるように改良
  • Line List Node の GUI 表示の改良
  • ビルドに失敗する不具合を修正
  • インポート設定の [Read/Write Enabled] を無効したオブジェクトをシーン上に配置するとエラーが発生する場合がある不具合を修正(詳細はマニュアルの FAQ をご覧ください)

Unity 対応バージョン

Unity 5.6 以降
※ Post-processing Stack v2 での動作は Unity 2017.2 以降

アップデート方法

Pencil+ 4 Line for Unity 登録ユーザー様は、下記 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」から最新版をダウンロードしてください。

製品価格

Pick Up!

Maya 2019 対応版「 PSOFT Pencil+ 4 for Maya 」 4.0.2 リリース

Autodesk Maya 2019 に対応した「 PSOFT Pencil+ 4.0.2 for Maya 」をリリースしました。

機能追加とバグフィックスが行われています。  Pencil+ 4  登録ユーザー様は無償アップデートとなります。

前バージョンからの変更点

[ 新機能 ]

  • Maya 2019 に対応

[ 修正点 ]

  • レンダーエレメントの[ 出力するカテゴリ ]のフラグが正しく動作しない不具合を修正
  • Maya ソフトウェア以外のレンダラーを使用して、 Pencil+ 4 ライン レンダー ビュー ツールバー のレンダーを行った際にカラーの精度が 8bpc に落ちる不具合を修正
    ※ OpenEXRLoader プラグインが事前ロードされている場合は float 精度で計算を行います
  • シーンに大きいオブジェクトが含まれる場合や[ ニアクリッププレーン ]の値が大きい場合にラインがずれて描画される不具合を修正
  • ライン関連機能の[ すべての隠線を可視線として描画 ]を使用したとき、アウトライン判定処理が正常に動作しなくなる不具合を修正
  • プレイブラスト実行時に[ 表示サイズ ]が[ ウィンドウから ]以外の時にラインの描画位置がずれる不具合を修正( Maya2017 以降で対応)
  • プレイブラスト実行時にライン以外のアルファチャンネルがクリアされる不具合を修正
  • Maya ソフトウェアレンダリングを途中でキャンセルするとスムーズ変換の復帰処理が行われない不具合を修正
  • スムーズ変換時に不必要なノードにスムーズ変換を行なわないように修正

Maya 対応バージョン

Autodesk Maya 2016 / 2016 Extension 2 / 2017 / 2018 / 2019

アップデート方法

Pencil+ 4 for Maya 登録ユーザー様は、下記 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」から最新版をダウンロードしてください。

製品価格

無償体験版

各製品の無償体験版をご購入前にお試しいただけます。お客様の Maya 上で プラグインを直接ご体感ください。無償体験版は、下記ダウンロードページにてご紹介しております。

Pick Up!

Maya 2019 対応版「 PSOFT Pencil+ 4 for Maya 」 4.0.2 リリース

Autodesk Maya 2019 に対応した「 PSOFT Pencil+ 4.0.2 for Maya 」をリリースしました。

機能追加とバグフィックスが行われています。  Pencil+ 4  登録ユーザー様は無償アップデートとなります。

前バージョンからの変更点

[ 新機能 ]

  • Maya 2019 に対応

[ 修正点 ]

  • レンダーエレメントの[ 出力するカテゴリ ]のフラグが正しく動作しない不具合を修正
  • Maya ソフトウェア以外のレンダラーを使用して、 Pencil+ 4 ライン レンダー ビュー ツールバー のレンダーを行った際にカラーの精度が 8bpc に落ちる不具合を修正
    ※ OpenEXRLoader プラグインが事前ロードされている場合は float 精度で計算を行います
  • シーンに大きいオブジェクトが含まれる場合や[ ニアクリッププレーン ]の値が大きい場合にラインがずれて描画される不具合を修正
  • ライン関連機能の[ すべての隠線を可視線として描画 ]を使用したとき、アウトライン判定処理が正常に動作しなくなる不具合を修正
  • プレイブラスト実行時に[ 表示サイズ ]が[ ウィンドウから ]以外の時にラインの描画位置がずれる不具合を修正( Maya2017 以降で対応)
  • プレイブラスト実行時にライン以外のアルファチャンネルがクリアされる不具合を修正
  • Maya ソフトウェアレンダリングを途中でキャンセルするとスムーズ変換の復帰処理が行われない不具合を修正
  • スムーズ変換時に不必要なノードにスムーズ変換を行なわないように修正

Maya 対応バージョン

Autodesk Maya 2016 / 2016 Extension 2 / 2017 / 2018 / 2019

アップデート方法

Pencil+ 4 for Maya 登録ユーザー様は、下記 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」から最新版をダウンロードしてください。

製品価格

無償体験版

各製品の無償体験版をご購入前にお試しいただけます。お客様の Maya 上で プラグインを直接ご体感ください。無償体験版は、下記ダウンロードページにてご紹介しております。

Pick Up!

新機能追加「 PSOFT Pencil+ 4 Bridge 」 1.0.1 配布開始

「 PSOFT Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max / Maya 」 1.0.1 を配布開始しました。 Pencil+ 4 for 3ds Max / Pencil+ 4 for Maya 登録ユーザー様は無償でダウンロードすることができます。今回のアップデートで単位変換機能が追加されました。

※ Pencil+ 4 の 3ds Max 版はバージョン 4.1.1 以降、 Maya 版はバージョン 4.0.1 以降をご使用ください。

単位変換機能

Pencil+ 4 Line for Unity と Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max / Maya の間でライン設定を受け渡す際、単位系が異なる場合に変換できる機能です。減衰設定の開始と終了に適用されます。

Unity と 3ds Max 、 Maya の間での Bridge 使用例

動作環境

Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max
Windows 版
Autodesk 3ds Max 2017 / 2018 / 2019 / 2020
Pencil+ 4 for 3ds Max (バージョン 4.1.1 以降)がインストールされた環境

Pencil+ 4 Bridge for Maya
Windows 版
Autodesk Maya 2016 / 2016 Extension 2 / 2017 / 2018 / 2019
Pencil+ 4 for Maya (バージョン 4.0.1 以降)がインストールされた環境

入手方法

下記 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」から最新版をダウンロードしてください。
ユーザーページ

※ Pencil+ 4 for 3ds Max と Pencil+ 4 for Maya の間で Pencil+ 4 の設定を書き出して読み込むためにはそれぞれのライセンスが必要です。

Pick Up!

新機能追加「 PSOFT Pencil+ 4 Bridge 」 1.0.1 配布開始

「 PSOFT Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max / Maya 」 1.0.1 を配布開始しました。 Pencil+ 4 for 3ds Max / Pencil+ 4 for Maya 登録ユーザー様は無償でダウンロードすることができます。今回のアップデートで単位変換機能が追加されました。

※ Pencil+ 4 の 3ds Max 版はバージョン 4.1.1 以降、 Maya 版はバージョン 4.0.1 以降をご使用ください。

単位変換機能

Pencil+ 4 Line for Unity と Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max / Maya の間でライン設定を受け渡す際、単位系が異なる場合に変換できる機能です。減衰設定の開始と終了に適用されます。

Unity と 3ds Max 、 Maya の間での Bridge 使用例

動作環境

Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max
Windows 版
Autodesk 3ds Max 2017 / 2018 / 2019 / 2020
Pencil+ 4 for 3ds Max (バージョン 4.1.1 以降)がインストールされた環境

Pencil+ 4 Bridge for Maya
Windows 版
Autodesk Maya 2016 / 2016 Extension 2 / 2017 / 2018 / 2019
Pencil+ 4 for Maya (バージョン 4.0.1 以降)がインストールされた環境

入手方法

下記 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」から最新版をダウンロードしてください。
ユーザーページ

※ Pencil+ 4 for 3ds Max と Pencil+ 4 for Maya の間で Pencil+ 4 の設定を書き出して読み込むためにはそれぞれのライセンスが必要です。

Pick Up!