PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max

PSOFT Pencil+ 4 の特長

PSOFT Pencil+ペンシルプラス 4 for 3ds Max は、ペン画や色鉛筆のような描画やセル画のような表現を可能にするノンフォト リアリスティック レンダリング プラグインです。

表現力豊かなマテリアル。

セル画調(トゥーンシェーディング)のようにフラットな表現や、鉛筆画のような質感を表現できます。 細かなシェーディングのコントロールや、特定のマテリアルのみを前面に描画する特殊な表現を可能にします。これまでにないアーティスティックな質感を表現できます。

Pencil+ 4 マテリアル新機能
Nitrous シェーダー

Nitrous ビューポートで Pencil+ 4 Material をリアルタイムに表示することができます。ハイライトやゾーンをレンダリング結果に近い品質で確認することができます。



Pencil+ 4 マテリアル新機能
マテリアルの透過

マテリアルを透過させることで、オブジェクトの背面に隠れているマテリアルを前面にあるかのようにレンダリングすることができます。



Pencil+ 4 マテリアル新機能
ライト強度の制御

マテリアルごとにライトの強さを変えることができます。より詳細にハイライトやシェーディングを制御可能です。



Pencil+ 4 ライン新機能
ユーザビリティーの向上

UIの使い勝手や3ds Maxとの親和性が向上しています。

  • グラデーションバーの編集機能の強化
  • ガンマ/LUT補正に対応
  • ラインセットリストの高さ調節
  • リスト内のデータを表示
  • UIの表示言語の切り替え

マテリアルの機能

グラデーションバー

グラデーションバーを使用してマテリアルの色を直感的に編集できます。

ハイライト

ハイライトが形状に添って回り込むような効果や、形状に沿って三日月上に伸縮する表現ができます。

ハイライトデザイン

ハイライト形状を視覚的にコントロールできます。

ライン関連機能

マテリアルごとにラインの描画に関する設定ができます。

グラデーションオフセット

マップを使用してグラデーションを制御できます。特定の位置に暗い色が現れやすくなるように設定することができます。

ライトカラー

ライトや周囲光の色をマテリアルに影響させることができます。

シャドウ合成

ゾーンのグラデーションの色とは別に、シャドウの色を設定できます。

ストロークマップ

手描きの絵のようなハッチングや、ラフなストロークを表現できます。

高速で美しいライン描画。

機械的に均一な線やオブジェクトからはみ出したラフスケッチのような線、漫画のように「入り」「抜き」の抑揚のある線など表現力豊かなラインを表現できます。

Pencil+ 4 ライン新機能
マルチスレッド レンダリング

Pencil+ 4 ラインはマルチスレッド、マルチプラットフォーム 対応のレンダリングエンジンに刷新されました。数千個のオブジェクトが重なり合う複雑なシーンでも、高速にラインを描画することができます。



Pencil+ 4 ライン新機能
ラインの外部参照

ラインの設定を外部参照することができます。



Pencil+ 4 ライン新機能
拡張されたライン設定

新しいエッジ検出設定が追加されました。

  • 「選択エッジ」は選択したポリゴンやエッジにラインを描画できます。
  • 「オープンエッジ」はポリゴンが開いたエッジに対してラインの描画を設定できます。
  • 「グループを結合」は複数のオブジェクトをグループ化することで、1オブジェクトとして描画します。
  • 「自己交差」はオブジェクト自身の交差した箇所のラインの描画を設定できます。
  • 減衰設定はインスタンスとしてコピー可能になりました。

選択エッジ

オープンエッジ

グループを結合

自己交差

サイズ減衰設定のインスタンス設定

ラインの機能

可視線

簡単な設定でラインを描画することができます。

隠線

透視図のようにオブジェクトの後ろ側にあるエッジを描画をできます。

ブラシ詳細設定

「入り」「抜き」のようなラインの太さの設定や、破線や波線など手描きのようなラインを表現できます。

ブラシ設定のインスタンスコピー

ブラシの設定をインスタンスコピーすることができます。

減衰設定

ラインの太さや透明度をカメラからの距離で変化させることができます。指定したオブジェクトからの距離で変化させる事も可能です。

反射/屈折マップ

3ds Maxの反射/屈折マップに対してラインを描画することができます。

ユニークなモディファイヤ。

手描きのような誇張したパース表現や、形状の異なったオブジェクトを使用したシェーディング計算ができます。

Pencil+ 4 パース変形

カメラからの距離でパースを変化させ、手描きのようなパースを表現できます。

Pencil+ 4 パース変形のデモ

赤いバウンディングボックスがパース変形前の形状です。

Pencil+ 4 法線コピー

形状と異なるオブジェクトを使用して、本来の形状とは異なるシェーディング計算ができます。

要素を個別に出力。

コンポジット向けにマテリアルやラインを個別にファイル出力することが出来ます。ラインをEPS形式で出力することも可能です。

マテリアルのレンダーエレメント出力

Pencil+ 4 マテリアルをレンダーエレメント出力する事ができます。反射やストロークマップ、ゾーンのアルファを任意に組み合わせて出力することができます。

ラインのレンダーエレメント出力

Pencil+ 4 ラインをレンダーエレメント出力する事ができます。ラインセットやエッジの種類を任意に組み合わせて出力することができます。

Pencil+ 4 ファイル出力

Pencil+ 4 ラインをEPS形式での出力できます。解像度に依存しないベクター画像は、建築・製造・プロダクトデザイン分野やWEBコンテンツ・インタラクティブなアプリケーションインタフェイスなど、ビジュアライゼーション用途にお勧めです。
サンプルファイル

ユーティリティー

Pencil+ 4 を便利に使用するためのユーティリティ プラグインを配布しています。

Pencil+ 4 Spreadsheet

一度に複数のパラメータを変更することができます。グリッドビューのフィルタ機能や、四則演算など便利な機能が搭載されています。
ダウンロードページ

Pencil+ 4 コンバーター

Pencil+ 3 で作成されたデータを Pencil+ 4 に変換することができます。
ダウンロードページ

主な機能一覧

マテリアル

  • トゥーンレンダリング機能
  • ハッチング用のストロークマップ機能
  • ハイライトデザイン機能
  • ライトカラーの影響設定機能
  • シャドーの合成機能
  • ライト強度の影響設定機能 New
  • マテリアルの透過機能 New
  • Nitrousビューポート表示 New
  • ラインの反射・屈折機能
  • ラインの描画検出設定機能
  • ラインカラーの置き換え機能

ライン

  • 可視線の描画機能
  • 隠線の描画機能
  • 高度なライン設定
  • 詳細なブラシ設定
  • ラインのアニメーション機能
  • 距離による減衰機能 Update
  • ライン サイズ マップ機能
  • 新しいエッジ検出設定
    • アウトライン
    • オープンエッジ New
    • オブジェクト
    • 交差
    • スムージング境界
    • マテリアルID境界
    • 選択エッジ New
    • 法線角度
    • ワイヤ Update
  • 外部参照オブジェクト、外部参照シーンに対応 New

モディファイア

  • パース変形 モディファイヤ機能
  • 法線コピー モディファイヤ機能
  • 選択エッジモディファイヤ New

ファイル出力

  • ゾーンのレンダーエレメント出力機能
  • ラインのレンダーエレメント出力機能
  • ラインのEPS形式出力機能

お試しください

対応ソフトウェア: Autodesk 3ds Max 2015 / 2016 / 2017 / 2018
※スキャンライン レンダラー で動作
Backburnerを使用したネットワークレンダリングに対応。レンダリングに参加するPCの数に制限はありません。
ハードウェア: Autodesk 3ds Max 各バージョンの動作環境に準拠
ライセンス: スタンドアロンライセンス と ネットワークライセンス があります。
ライセンスの種類についてはこちらをご確認ください。
リリースノート

体験版 購入