PSOFT anti-aliasing for Adobe After Effects

適用前
anti-aliasing 適用

PSOFT anti-aliasing(アンチエイリアシング)for Adobe After Effectsは、Adobe After Effectsで動作するエフェクトプラグインです。

デジタルアニメーション ワークフローに必須な、画像の輪郭や色を滑らかに変化させる処理(アンチエイリアシング)を行います。画像のジャギを軽減し、滑らかで自然なイメージに仕 上げます。高品質なアンチエイリアシング処理と、パラメータ設定のしやすさが特長です。

操作紹介ムービー

Adobe AfterEffectsで動作する様子を記録したデモムービーです。(拡大してご覧ください)

RGB、アルファに対して、高速なアンチエイリアス処理を行なう様子をご覧いただけます。

インターフェイス

color threshold

隣接するピクセルが異なる色であるとみなす色の差の値です。この値が小さいほど、細かい色の差に反応するようになります。グラデーションやノイズのある画像を使用する場合には大きめの値にしてください。

softness

処理をかける強さ(%)を指定できます。
この値が小さいほど、結果の画像がシャープになります。
この値が大きいほど、ジャギが大きく軽減されます。

bias

グラデーション部分のコントラスト調整です。
値が0以外の場合、処理速度が若干低下します。

color key enable

カラーキー処理(特定の色のピクセルを透明にする)の有効・無効を切り替えます。

key color

カラーキー処理の、キーとなる色を指定します。

key color threshold

ピクセル色と key color とを比較する際の許容誤差値です。

invert

チェックがオフの場合、key color に一致するピクセルが透明になります。
チェックがオンの場合、key color に一致しないピクセルが透明になります。

動作環境

オペレーティングシステム
WindowsXP SP3以降 (x64版はSP2以降)

Adobe After Effects 対応バージョン
【Windows版】 CS3 / CS4 / CS5 / CS5.5 / CS6 / CC 〜 CC2017

対応カラー
8,16,32bpc対応

After Effects レンダリングエンジン版について

PSOFT anti-aliasing は After Effects レンダリングエンジン版に対応しています。プラグインホストが After Effects レンダリングエンジンの場合、自動的にレンダリングエンジン用プラグインとして動作します。

※version 1.0.2 までのバージョンをお使いの場合は、レンダリングエンジン専用プラグインを使用してください。詳細はFAQをご覧ください。