Pencil+ 4 のラインをリアルタイムに描画

PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity は、3Dオブジェクトに手描きのようなラインを描く映像制作向けポストエフェクトプラグインです。多数のアニメ作品に採用実績のある「 PSOFT Pencil+ 4 」の最新描画エンジンを搭載し、 Unity 上でプリレンダリング品質のラインを描画します。

美しいライン描画

機械的で均一なラインから、オブジェクトからはみ出したラフスケッチのような表現、漫画のような「入り」「抜き」のある抑揚豊かなラインまで、その表現力は多彩です。オブジェクトどうしの交差、マテリアルの境界、オブジェクト背後の陰線など、その詳細なライン描画箇所の設定はあらゆるシーンに対応します。

Intersection

Outline

Smoothing Boundary

Wire

Material Boundary

Draw Hidden Line

Draw Hidden Lines of Target

Mask Hidden Lines of Target

Alpha Reduction

Size Reduction (Line)

Size Reduction (Brush Detail)

Distortion

Size Map

Line Copy

Refer Object

Unity 版の特長

ライン描画はエディター画面でも動作します。パラメータやカメラアングルを調整しながらプリレンダリング品質のラインをリアルタイムに確認できるのは、まさに革命といえるでしょう。

また、多様なライン表現を実現する豊富なパラメータは全てスクリプトからアクセス可能です。シーンの状態に合わせたインタラクティブな制御も自由に行えます。

主な仕様

  • 可視線の描画機能
  • 隠線の描画機能
  • 距離によるサイズ/アルファ減衰機能
  • オブジェクト/マテリアル単位での描画 設定の切り替え
  • 手書き表現を再現する豊富なパラメータ
  • スクリプトによるパラメータの制御
  • エディター画面でのライン描画
  • エッジ検出設定
    • アウトライン
    • オブジェクト
    • 交差
    • スムージング境界
    • マテリアル境界
    • 法線角度
    • ワイヤ
  • Pencil+ 4 ライン設定の書き出し、読み込み機能( Pencil+ 4 Bridge に対応)

動作環境

Unity 5.6 以降 (Windows 版のみ )
※ Post-processing Stack v2 での動作は Unity 2017.2 以降

PSOFT Pencil+ 4 Bridge

Pencil+ 4 Bridge は Pencil+ 4 ラインの設定をファイルに書き出し、読み込むことができる機能です。シーンファイルとは別のファイルとして管理できるため、他のシーンへ容易に適用することができます。また、  Unity と 3ds Max 、 Maya  の間で Pencil+ 4 のライン設定を相互に活用できるので、利便性が大きく向上します。

※ 各 Pencil+ 4 製品の間で互換性のないパラメータは含まれません。
※ Pencil+ 4 Line for Unity の Pencil+ 4 Bridge で書き出し / 読み込みができるのは Pencil+ 4 ラインの設定のみです。レンダリング結果はレンダラーのアルゴリズムによって異なります。

購入とライセンスについて

  • 映像制作等プリレンダー用途向けのスタンドアロンライセンスです。
    ゲーム等のアプリとしての配布用途には利用できませんのでご注意ください。
  • オーソライズされた PC 上でのみ Pencil+ ラインのレンダリングが行えます。
    (ビルドされたバイナリでも同様です)

お問い合わせと回答

ユニティちゃんライセンス
製品サンプル画像のユニティちゃんはユニティちゃんライセンス条項の下に提供されています
© Unity Technologies Japan/UCL