Pencil+ 4 各製品機能一覧

Pencil+ 4 は、 Pencil+ 4 (3dsMax 版、 Maya 版)、 Pencil+ 4 Line ( After Effects 版、 Unity 版)の 4 つの製品があります。下記の表は各製品の主な機能をまとめたものです。同一の機能でも実装方法や動作は各製品によって異なります。機能の動作については体験版を使用してご確認ください。

マテリアル

  3ds Max Maya After Effects Unity
トゥーンレンダリング機能 - -
グラデーションオフセットマップ機能 - -
基本マテリアル - -
ハッチング用のストロークマップ機能 - - -
ハイライトデザイン機能 - - -
ライトカラーの影響設定機能 - - -
シャドーの合成機能 - - -
ライト強度の影響設定機能  - - -
マテリアルの透過機能  - - -
マテリアルのビューポート表示  - - -
ラインの反射・屈折機能 - - -
ラインの描画検出設定機能 - ※ 2
ラインカラーの置き換え機能 - ※ 2

ライン

  3ds Max Maya After Effects Unity
可視線の描画機能 ※ 1
隠線の描画機能 ※ 1
高度なライン設定 ※ 1
詳細なブラシ設定 ※ 1
距離による減衰機能 ※ 1
ライン サイズ マップ機能 ※ 1
エッジ検出設定
アウトライン ※ 1
オープンエッジ ※ 1
オブジェクト ※ 1
交差 ※ 1
スムージング境界 ※ 1
マテリアル  ID  境界 ※ 1
選択エッジ ※ 1 -
法線角度 ※ 1
ワイヤ ※ 1
Pencil+ 4 ラインレンダラー - -
Pencil+ 4 ラインウィンドウ - - -
Pencil+ 4  ラインレンダーボタン - - -
ラインのビューポート表示 - - -
Rendering Scale - - -
Z Depth -
Screen Effect - - -
Ignore Object List - - -
Double Sided Material Line List - - -

モディファイア

  3ds Max Maya After Effects Unity
パース変形モディファイヤ機能 - - -
法線コピーモディファイヤ機能 - - -
選択エッジモディファイヤ機能 ※ 3 - -

ファイル出力

  3ds Max Maya After Effects Unity
マテリアルのレンダーエレメント出力機能 - - -
ラインのレンダーエレメント出力機能 -
ラインの EPS 形式出力機能 - -
ラインの PLD  形式出力機能 - -

※ 1 After Effects 版は 3dsMax または Maya 版から PLD ファイルを出力する必要があります。 PLD ファイルに含まれるデータをもとにラインセットの表示  /  非表示、編集するラインセットの指定、 エッジの表示  /  非表示、編集するエッジの指定など、ラインの設定を再編集することができます。

※ 2 Unity 版はマテリアル機能はありませんが、 Material Line Functions List を使用して Line Functions を設定することができます。

※ 3 Maya ではセットを使用したエッジの選択に対応しています。

Pencil+ 4 ユーティリティ

  3ds Max Maya After Effects Unity
Pencil+ 4 Bridge - ※ 1
ネットワークレンダリング専用プラグイン ※ 2 -
Pencil+ 4 Spreadsheet - - -
Pencil+ 4 Converter - - -
Pencil+ 4 Line Thumbnail Extension ※ 3 ※ 3 ※ 3 -

※ 1 ライン情報のインポート / エクスポートのみ対応

※ 2 After Effects 版はレンダリング専用のプラグインは提供していませんが、各レンダリング PC にプラグインをインストールすることで、フォルダ監視を使用した分散レンダリングに対応しています。

※ 3 Pencil+ 4 Line Thumbnail Extension は Windows  エクスプローラーで  PLD  ファイルをサムネイル表示するための機能拡張です。