ライセンスの種類について

ライセンスの種類について

スタンドアロンライセンス と ネットワークライセンス があります。 
ワークフローに合わせて、ライセンスをご購入ださい。 
各ライセンスの違いについては次の内容をご確認ください。

スタンドアロンライセンス

小規模な制作環境やパーソナル用途に最適なライセンス形式です。 PC1 台で完結しているワークフローの方にお勧めです。

  • 1 台の PC 上で利用したい

補足 :

  • 1 台の PC につき、本製品  1 ライセンスが必要。
  • 1 ライセンスで、 1 台の PC 上の複数の異なるホストアプリケーションバージョンで使用可能。( Liquid+ は非対応です。 )
  • 他の PC にライセンスを移動する場合は、本製品の再オーソライズが必要となります。

ネットワークライセンス

大規模な制作環境や多人数で使用する用途に最適なライセンス形式です。 ライセンスをローカルに保管するのではなくサーバから取得することができるので、ネットワーク経由で柔軟にライセンス運用することができます。スタンドアロンライセンスにくらべ大きなメリットがあります。

  • 複数の PC で利用したい
    LAN 内のライセンスサーバにアクセスできる複数の PC から、ライセンス数分の本製品を使用することができます。
  • 専用のライセンス管理ソフトによるライセンス管理
    サーバでライセンスを一括管理できます。 
    ライセンスの追加が容易に行えます。 
    ライセンスの使用状況がモニタでき適切なライセンス管理が行えます。
  • 再オーソライズの必要が無く、 PC の入れ替えなども容易に行えます。

補足 :

  • 同時に使用する PC の台数だけ、本製品のライセンスが必要。
  • 1 ライセンスで、 1 台の PC 上の複数の異なるホストアプリケーションバージョンで使用可能。 (Liquid+ は非対応です。)
  • サーバでのライセンス管理には、専用のライセンス管理ツールを使用します。詳しい内容は、各製品マニュアルをご覧ください。