PSOFT Pencil+ 4 ライン のマルチプラットフォーム対応

当社製品 「PSOFT Pencil+」 は、高品質なノンフォトリアリスティック レンダリングを可能とするプラグインソフトウェアです。

3ds Max専用製品として多くのアニメーション作品に採用いただいていますが、他のアプリケーション上でも同じ品質のラインを再現したいという要望が数多くあります。

当社ではこの要望に応えるため、マルチプラットフォームで高品質なラインレンダリングを実現する「ライン描画エンジン」の研究を進めています。

このページでは、その研究の成果である『PSOFT Pencil+ 4 ライン』の将来について、いくつかの情報を共有したいと思います。

※本ページの内容は現在のところ研究段階にあり、製品化については未定です。

Pencil+ 4 ライン とは

Pencil+ 4 ラインは、ノンフォトリアリスティックレンダー プラグイン「PSOFT Pencil+ 4」に含まれる主要な機能の1つです。3Dオブジェクトに、手描きのような線を高品質かつ高速に描画できるのが特長です。

マルチプラットフォーム対応だけではなく、機能の拡充・高速化・マルチスレッド対応など、「PSOFT Pencil+ 3」から様々な面で強化されています。

Autodesk Maya

Maya版はノードを使用した自由度の高いライン設定が可能です。レンダーエレメント出力ノードを使用してラインのみ出力できます。ノードは参照機能に対応しており柔軟にシーンを構築することができます。 Pencil+ 4 for 3dsMax の使用経験があれば、同じ感覚ですぐに全ての機能を使用することができるようになります。

Pencil+ 4 ライン の設定画面

Pencil+ 4 ラインのノードネットワーク

Pencil+ 4 ラインのレンダリング画像

Adobe After Effects

After Effects版は3Dソフトから出力したPencil+ 4 ライン専用のファイルフォーマットを使用して、After Effects 内でPencil+ 4 ラインの編集を可能にするエフェクトプラグインです。 3DCGソフト向けのPencil+ 4 ラインと全く同じ品質、同じパラメータを使用してラインを編集することができます。
3DCGソフト上では調整に手間の掛かるパラメータのアニメーションや、カットごとに色やラインの太さを変えることが容易になります。コンポジット工程でラインの微調整ができることで、より品質の高い絵作りができるようになります。

Pencil+ 4 ライン エフェクトの設定画面

Foundry MODO

MODO版はスケマティックビューポートを使用してノードの接続を確認しながら自由度の高いライン設定が可能です。プレビュービューポートを使用してラインの編集をリアルタイムに確認できます。

Pencil+ 4 ライン ノードの設定画面

Unity 製品化

Unity版は、こちらをご覧ください。