Pencil+ライン × ゲームエンジン

Pencil+ライン × ゲームエンジン

3DCG映像制作におけるワークフローの新たな試みとして、レンダリング速度に優れているゲームエンジンの利用が注目されています。

このような流れの一環として、当社が3dsMax向けにリリースしているノンフォトリアルシェーダープラグイン「PSOFT Pencil+」の主機能であるライン描画機能を「Unity 5」用のプラグインとして開発しました。


Unity版 Pencil+ラインはアニメ業界で実績のある、3ds Max版 Pencil+の最新のライン描画エンジンを使用しており、プリレンダリングと同様の高品質なラインを描画することができます。

テスト環境

Unity バージョン Unity 5.4.0
OS Windows 10
プロセッサー Intel® Core™ i7-6700 CPU @ 3.40GHz 3.41 GHz
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX 960(2GB / GDDR5)
メモリ 8GB DDR3L (1600MHz)
ディスプレイ 3840px × 2160px

動作環境

Unity 5.3 以降

Unity版 Pencil+ラインがCGによるアニメ表現の可能性を広げる一助となるよう、引き続き取り組んでいきたいと思います。

先行リリース版の提供について

映像制作等で導入をご検討の法人企業様へ、評価用体験版の提供、商用ライセンスの販売を行っております。

※法人企業様のみ(個人向け提供は今後準備が整い次第ご案内いたします。)
※提供可能なプラグインはWindows版のみ

価格

PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity (法人向/先行リリース版)
スタンドアロンライセンス 54,000円(税込)

商用ライセンスについて

  • 映像制作等プリレンダー用途向けのスタンドアロンライセンスです。
    ゲーム等のアプリとしての配布用途には利用できませんのでご注意ください。
  • オーソライズされたPC上でのみPencil+ラインのレンダリングが行えます。
    (ビルドされたバイナリでも同様です)
  • 商用作品の制作にご利用いただけます。
  • 提供されるプラグインは評価用体験版と同じものです。
    (ライセンス情報のみ異なります)
  • 先行リリース版での価格や内容は将来の正式リリース版では変更される場合があります。

評価用体験版の提供をご希望のお客様は下記フォームよりお問い合わせください。