Bridge 対応「 PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max 」 4.1.1 リリース

PSOFT Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max に対応した「 PSOFT Pencil+ 4.1.1 for 3ds Max 」をリリースしました。

Pencil+ 4  マテリアルと  Pencil+ 4  ラインの設定をファイルに書き出し、読み込むことができる Pencil+ 4 Bridge に対応しました。その他、細かなバグフィックスが含まれています。 Pencil+ 4 for 3ds Max 登録ユーザー様は無償アップデートとなります。

前バージョンからの変更点

[ 新機能 ]

  • [PSOFT Pencil+ 4 Bridge]による[Pencil+ 4 マテリアル ]と[Pencil+ 4 ライン ]設定のファイル書き出し・読み込み機能に対応
  • MAXScript でカーブコントロールの値を設定・取得するための機能を追加

[ 修正点 ]

  • [Pencil+ 4 マテリアル ]の[ 基本マテリアル ]に標準マテリアルが設定されている場合、 Nitrous シェーダーで拡散反射光マップを反映するように修正
  • [Pencil+ 4  マテリアル / 高度な設定 ]と[Pencil+ 4 マテリアル / ライン関連機能 ]のオブジェクトリスト・マテリアルリストを使用したとき、パラメータが正しく保存されずクラッシュする場合がある不具合を修正
  • [Pencil+ 4 マテリアル / 高度な設定 ]の[ ハイライト デザイン ]のポリゴンコントロールを MAXScript で編集できるように修正
  • レンダリング設定で[ 両面レンダリング ]を有効にしたとき、すべてのプリミティブを両面として扱いラインを描画するように修正
  • MAXScript で[Pencil+ 4 ライン / 減衰設定 ]を生成するためのクラス名に誤りがあった問題を修正
  • [Pencil+ 4 ファイル出力 ]で EPS ・ AI ファイルを出力するときにクラッシュする場合がある不具合を修正
  • マテリアル選択ダイアログの表示でクラッシュする場合がある不具合を修正
  • 軽微な GUI 表示調整

PSOFT Pencil+ 4 Bridge とは

Pencil+ 4 Bridge for 3ds Max / Maya は Pencil+ 4 マテリアルと Pencil+ 4 ラインの設定をファイルに書き出し、読み込むことができるユーティリティー プラグインです。 3ds Max の間だけではなく Maya  との間でも  Pencil+ 4  設定の受け渡しが可能です。

詳細は「 PSOFT Pencil+ 4 Bridge 」配布開始 記事を御覧ください。

3ds Max 対応バージョン

Autodesk 3ds Max 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019

アップデート方法

Pencil+ 4 for 3ds Max 登録ユーザー様は、下記 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」から最新版をダウンロードしてください。

製品価格

無償体験版

各製品の無償体験版をご購入前にお試しいただけます。お客様の 3ds Max 上で プラグインを直接ご体感ください。無償体験版は、下記ダウンロードページにてご紹介しております。
※体験版では、 Pencil+ 4 Bridge を使用することはできません。