「 PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity 」 4.0.3 リリース

コンポジットソフトウェアでの編集を強力にサポートする「 PSOFT Pencil+ 4 Line for Unity 」 4.0.3 をリリースしました。

今回のアップデートでは Render Element 機能を追加し、任意のライン要素が Render Texture に出力できるようになりました。また、複数のオブジェクトをグループ化し 1 オブジェクトとしてアウトラインで描画する Merge Groups 機能も追加しました。ほかにもいくつかのバグフィックスを行っています。

前バージョンからの変更点

[ 新機能 ]

  • ラインのみの描画結果を Render Texture に出力する Render Element 機能を追加
  • 複数のオブジェクトを 1 つのアウトライン単位として扱うためのグループ機能を追加

[ 修正点 ]

  • GUI のリスト表示の項目を複数選択できるように改良
  • Line List Node の GUI 表示の改良
  • ビルドに失敗する不具合を修正
  • インポート設定の [Read/Write Enabled] を無効したオブジェクトをシーン上に配置するとエラーが発生する場合がある不具合を修正(詳細はマニュアルの FAQ をご覧ください)

Unity 対応バージョン

Unity 5.6 以降
※ Post-processing Stack v2 での動作は Unity 2017.2 以降

アップデート方法

Pencil+ 4 Line for Unity 登録ユーザー様は、下記 PSOFT ユーザーページ内、「製品のダウンロード」から最新版をダウンロードしてください。

製品価格