レンダーエレメントの使用方法

レンダーエレメント機能を使用して、 Pencil+ 4 ラインを個別のファイルに出力する方法を解説します。レンダーエレメント機能は任意の画像形式、 EPS 形式、 PLD ※ 1 形式で保存することができます。

※ 1 PLD とは
Pencil+ 4 Line for After Effects でラインの編集を行うための専用データです。

 

  1. Pencil+ 4 ラインを設定したシーンを作成します。 
  2. [Pencil+ ライン ウィンドウ ]を表示します。
    ファイルメニューから[Pencil+ ライン ウィンドウを開く ]をクリックしてください 
  3. PencilRenderElementsLine ノードを追加します。
    Pencil+ ライン ウィンドウのレンダーエレメント タブをクリックして、[ ライン追加 ]ボタンをクリックしてください。

    シーンに複数の Pencil+ 4 ラインがある場合の動作について
    任意の画像形式、 EPS 形式では 1 つのファイルに全ての Pencil+ 4 ラインを保存します。
    PLD 形式では PencilLine ノードごとに複数の PLD ファイルを保存します。[ フォルダに分割 ]が OFF のとき、出力されるファイル名には「ファイル名プリフィックス + セパレーター + PencilLine ノード名 + セパレーター + PencilRenderElementsPld ノード名」が設定されます。

  4. レンダリングを実行します。
    レンダービューで[ 現在のフレームをレンダー ]ボタンをクリックしてください。 Pencil+ 4 ラインのみレンダリングした画像が指定のディレクトリに出力されます。

    PencilRenderElementsLine

    PencilRenderElementsEps

    PencilRenderElementsPld

    ※ Windows エクスプローラーで PLD ファイルをサムネイル表示するためには、 PSOFT Pencil+ 4 Line Thumbnail Extension をインストールしてください。