マテリアルを使用する ( コンパクトマテリアル )

Pencil+2 マテリアルの使用方法を解説します。

 

  1.  質感設定を行うオブジェクトを作成します。
    今回は[ 標準プリミティブ ]から[ ティーポット ]を作成します。

  2. マテリアルを作成します。
    [M]キーを押して、マテリアル エディタを開きます。

  3. [ タイプ ボタン ]をクリックし、[ マテリアル / マップ ブラウザ ]を開きます。
    ブラウザから[Pencil+2 マテリアル ]を選択し、[OK]をクリックします。

  4. [ マテリアルを置換 ]ダイアログが表示されます。
    [ 古いマテリアルをサブマテリアルとして保持しますか? ]が選択された状態で[OK]をクリックします。

  5. これで準備は整いました。[ ティーポット ]にマテリアルを割り当てレンダリングして見ましょう。

  6. レンダリング結果

     

Pencil+ for 3ds Max チュートリアル