ラインをEPSファイルで出力する

Pencil+2 ラインをEPS形式で保存する方法を解説します。

  1. [レンダリング]メニュー/[効果]/[環境と効果]ダイアログ ボックス/[効果]パネル/[追加]/[効果を追加]ダイアログ ボックス/[Pencil+ 2 ファイル出力]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
    この時[Pencil+ 2 ライン]が設定されている必要があります。 [Pencil+ 2 ファイル出力]の順番はどこでもかまいません。


  2. [Pencil+ 2 ファイル出力]ロールアウトが表示されます。
    [ファイル....]ボタンをクリックして、ファイルの保存先を設定します。



  3. レンダリングしてください。

    ファイルの保存先に設定されたディレクトリに、ファイルが作成されます。
    また、効果が[アクティブ] の場合つねにファイルが作成/上書きされることに注意してください。
    [最新設定でレンダリング] (F9 キー)を使用する場合などは、特に注意が必要です。

Tips!

ラインの検出精度はレンダリングサイズによって変わります。
精細なベクターラインが必要な場合は、大きいサイズでレンダリングしてください。

Pencil+ for 3ds Max チュートリアル

Nitrous シェーダーの使用方法

ストロークマップの使用方法

反射/屈折 マップの使用方法

ラインの使用方法

ファイル出力の使用方法

選択エッジの使用方法

法線コピーの使用方法

パース変形の使用方法