ファイル出力の使用方法

Pencil+ 4 ファイル出力機能を使用してEPS形式またはPLD※1形式で保存する方法を解説します。

※1 PLDとは
Pencil+ 4 Line for After Effects  でラインの編集を行うための専用データです。

  1. Pencil+ 4 ラインを設定したシーンを作成します。
  2. [環境と効果]ウィンドウで[Pencil+ 4 ファイル出力]を追加します。
    [8]キーを押して[環境と効果]ウィンドウを開いて、効果タブを表示してください。[追加]ボタンをクリックして[効果を追加]ダイアログを表示し、[Pencil+ 4 ファイル出力]を選択して[OK]をクリックしてください。

  3. ファイルの保存先を設定します。
    [ファイル....]ボタンをクリックして、ファイルの保存先を設定してください。

    シーンに複数のPencil+ 4 ラインがある場合の動作について
    EPS形式では1つのファイルに全てのPencil+ 4 ラインを保存します。
    PLD形式ではPencil+ 4 ラインごとに複数のPLDファイルを保存します。出力される場合のファイル名には「入力したファイル名+エフェクト名」が設定されます。ファイル名に <Scene> を設定するとシーンファイル名に置き換えてファイルを保存します。<LineName>を設定するとPencil+ 4 ラインの[名前]に置き換えてファイルを保存します。Pencil+ 4 ラインの[名前]が重複している場合は、名前の最後に連番を追加します。
  4. [F9]キーを押してレンダリングします。指定したディレクトリにファイルが保存されました。
    EPS形式の場合、ラインの検出精度はレンダリングサイズによって変わります。 精細なベクターラインが必要な場合は、大きいサイズでレンダリングしてください。

    EPS形式

    PLD形式
    Windows エクスプローラーでPLDファイルをサムネイル表示するためには、PSOFT Pencil+ 4 Line Thumbnail Extensionをインストールしてください。 

Pencil+ for 3ds Max チュートリアル

Nitrous シェーダーの使用方法

ストロークマップの使用方法

反射/屈折 マップの使用方法

ラインの使用方法

ファイル出力の使用方法

選択エッジの使用方法

法線コピーの使用方法

パース変形の使用方法