ハイライト デザインによる高度な質感を設定する

Pencil+2 マテリアルの[ 高度な設定 ]/[ ハイライト デザイン ]使用した質感設定のご紹介です。
ハイライトを星型にします。

  1. 「ハイライト デザイン」の効果を確認しやすいよう、球プリミティブを作成します。
    [ 作成 ]パネル /[ ジオメトリ ]ボタン /[ 標準プリミティブ ]/[ オブジェクト タイプ ]ロールアウト /[ 球 ]ボタン

  2. Pencil+2 マテリアルを作成し、シンプルなハイライトを設定します。
    [ 基本パラメータ ]ロールアウト /[ ハイライト ]領域で、[ 鏡面反射光レベル ]、[ 光沢 ]、[ シャープネス ]を使用しハイライト設定します。

    これで基本的な準備は出来ました。それでは実際に質感の設定を行います。

    ※マテリアルの作成方法は、「マテリアルを作成」チュートリアルをご参照ください。


  3. [Pencil+2 マテリアル ]/[ 基本パラメータ ]ロールアウト /[ 高度な設定 ]ボタン /[ ハイライト デザイン ]領域で、 [ 有効 ]チェックボックスをオンにします。

  4.  星型を作りやすいよう頂点数を増やします。
    [ 頂点数 ]を 10 に設定し[ リセット ]ボタンを押します。



  5.  頂点を星型になるよう移動します。
    レンダリングを行なうと、ハイライトが星型に変化します。


  6.  星の形を強調します。
    [ 影響力 ]を 300 に設定します。ハイライトの星型が、より強調されました。

Tips!

[ ハイライト デザイン ]で設定する形状は、シンプルな形ほど効果的に現れます。また、モデルもシンプルな形ほど効果が明確に現れます。

Pencil+ for 3ds Max チュートリアル