反射 / 屈折 マップの使用方法

Pencil+ 4 反射 / 屈折 マップを使用して、 Pencil+ 4 ラインを鏡のように反射させる方法を解説します。

  1. Pencil+ 4 ラインを設定したシーンを作成します。 
    ここではティーポットオブジェクトと平面オブジェクトを作成し、ティーポットに Pencil+ 4 ラインを設定しました。 
  2. 反射用のマテリアルを作成します。
    [M]キーを押してマテリアルエディタを開き、 Pencil+ 4 マテリアルを作成してください。 
  3. Pencil+ 4 反射 / 屈折マップを追加します。
    Pencil+ 4 マテリアルの反射領域の[ マップ ]ボタンをクリックして、[ マテリアル / マップブラウザ ]を表示します。
    [Pencil+ 4 反射 / 屈折 ]を選択して[OK]をクリックしてください。

  4. Pencil+ 4 反射 / 屈折マップの[ 反射 / 屈折マップ ]に[ フラットミラー ]を設定します。
    Pencil+ 4 反射 / 屈折マップの[ 反射 / 屈折マップ ]ボタンを右クリックして[ クリア ]をクリックしてください。デフォルトで設定されている 反射 / 屈折マップ がクリアされます。
    次に[ マテリアル / マップ ブラウザ ]から[ フラットミラー ]を[ 反射 / 屈折マップ ]にドラッグアンドドロップして設定してください。


  5. 作成したマテリアルを平面オブジェクトに設定します。
  6. [F9]キーを押してレンダリングします 。 Pencil+ 4 ラインが平面オブジェクトで反射しました。

Pencil+ for 3ds Max チュートリアル