Nitrous シェーダーの使用方法

Nitrous シェーダーを使用して、 Nitrous ビューポートに Pencil+ 4 マテリアルを表示する方法を解説します。 Nitrous シェーダーは 3ds Max 2016 以降のバージョンで使用可能です。

  1. Pencil+ 4 マテリアルを使用したシーンを作成します。 
  2. スレートマテリアル エディタを開きます。
    [M]キーを押してスレートマテリアル エディタを開いてください。 
  3. マテリアルをスレートマテリアル エディタの[View]に表示します。
    [ マテリアル / マップ ブラウザ ]の[ シーン マテリアル ]から、使用しているマテリアルをダブルクリックしてビューに Pencil+ 4 マテリアルノードを表示してください。
  4. [ リアリスティック マテリアルをビューポートに表示 ]ボタンを ON にします。 
    Pencil+ 4 マテリアルノードを選択してスレート マテリアル エディタのツールバーから、[ シェーディング マテリアルをビューポートに表示 ]ボタンを長押しして[ リアリスティック マテリアルをビューポートに表示 ]に切り替えてください。自動的にシェーダーのコンパイルが実行され、ビューポートに Pencil+ 4 マテリアルが表示されます。

    シーンにある全てのマテリアルを[ リアリスティック マテリアルをビューポートに表示 ]にしたい場合は「 ファイルメニュー / ビュー / ビューポートに表示されるマテリアル / マップがあるリアリスティックマテリアル 」をクリックしてください。 

    ※スレート マテリアル エディタではボタンを使用してリアリスティック マテリアルのマップを OFF にすることが出来ません。リアリスティック マテリアルでマップ表示を ON/OFF したい場合はコンパクト マテリアルエディタをご使用ください。

Pencil+ for 3ds Max チュートリアル