ライン合成ヘルパーの使用方法

Pencil+ 4 ライン合成ヘルパーの作成方法と、 Pencil+ 4 ライン合成 ヘルパーを使用した[Pencil+ 4 ライン ]の[ 合成 ]または外部ファイルとして[ 参照 ]する方法を解説します。

Pencil+ 4 ライン合成 ヘルパーの作成方法

Pencil+ 4 ライン合成 ヘルパーの作成方法を解説します。 Pencil+ 4 ライン合成 ヘルパーは Pencil+ 4 ラインの情報を他のシーンファイルに[ 合成 ]する場合や、[ 外部参照シーン ][ 外部参照オブジェクト ]として読み込む場合に使用するヘルパーオブジェクトです。 3ds Max は[ 効果 ]の合成や参照に対応していないため、 Pencil+ 4 ラインではヘルパーオブジェクトを経由することで 3ds Max の機能に対応しています。

  1. Pencil+ 4 ラインを設定したシーンを作成します。 
  2. Pencil+ 4 ライン合成 ヘルパーを作成します。
    「作成パネル / ヘルパー リスト / Pencil+ 4 」を選択し、[ ライン合成 ] ボタンをクリックしてください。つぎにビューポートをクリックして Pencil+ 4 ライン合成 ヘルパーオブジェクトを作成してください。ヘルパーオブジェクトはシーンのどこに配置しても問題ありません。

  3. シーンを保存します。 
    [Ctrl+S]キーを押してシーンを保存してください。ここではファイル名を「 PencilHelper.max 」とします。
    これで Pencil+ 4 ラインを合成するための準備が完了しました。

Pencil+ 4 ラインを合成する方法

他のシーンファイルから Pencil+ 4 ラインを合成する方法を解説します。

  1. 合成するシーンファイルを開きます。
    合成を行いたいシーンを開き「ファイルメニュー / 合成 」をクリックしてください。[ ファイルを合成 ]ダイアログが表示されるので、合成したいシーン「 PencilHelper.max 」選択して開いてください。 

  2. オブジェクトを選択します。
    [ 合成 ]ダイアログのリストから「 Pencil+ 4 Line Helper 」と Pencil+ 4 ラインで使用しているオブジェクト (Teapot) を選択して[OK]ボタンをクリックしてください。 Pencil+ 4 ライン合成 ダイアログが表示されます。
  3. 合成方法を設定します。
    Pencil+ 4 ライン合成 ダイアログでどのようにシーンに Pencil+ 4 ラインを追加するか設定し、[OK]ボタンをクリックしてください。 シーンにオブジェクトと Pencil+ 4 ラインが合成されます。合成が完了すると[Pencil+ 4 Line Merge Helper]は自動的にシーンから削除されます。
    Pencil+ 4 ライン合成 ダイアログを表示せずに合成したい場合は、 Pencil+ 4 ライン合成 ヘルパーの[ 合成オプション ]で指定することができます。
  4. [F9]キーを押してレンダリングします。
    シーンに Pencil+ 4 ラインが合成され、オブジェクトにラインが描画されました。 

Pencil+ 4 ラインを外部参照する方法

他のシーンファイルから Pencil+ 4 ラインを参照する方法を解説します。

  1. 合成するシーンファイルを開きます。
    合成を行いたいシーンを開き「ファイルメニュー / 参照 / 外部参照オブジェクト または 外部参照シーン」をクリックしてください。ここでは[ 外部参照オブジェクト ]をクリックします。すると[ 外部参照オブジェクト ]ウィンドウが開きます。 
  2. 外部参照オブジェクト用のファイルを選択します。
    [ 外部参照オブジェクト ]ウィンドウの[ 外部参照登録をファイルから作成 ]ボタンをクリックしてください。[ ファイルを開く ]ダイアログが表示されるので、外部参照したいシーン「 PencilHelper.max 」を選択して開いてください。

  3. [F9]キーを押してレンダリングします。
    シーンに Pencil+ 4 ラインが合成され、オブジェクトにラインが描画されました。
    [ 効果 ]リストでは Pencil+ 4 ラインを外部参照していることを示す[Pencil+ 4 ライン ( 外部参照 )]を確認することができます。外部参照しているシーン「 PencilHelper.max 」に変更を加えた場合、参照読み込みしているシーンにも変更が反映されます。 

Pencil+ for 3ds Max チュートリアル