トゥーン調(セル画調)の質感を設定する

Pencil+2 マテリアルを使用し、簡単な質感設定を解説します。
最も単純なトゥーン調(セル画調)の質感設定を行います。
 

  1. capt_001[ マテリアル エディタ ]で[Pencil+2 マテリアル ]を設定します。
    ※マテリアルを設定する方法は「 Pencil+2 マテリアルを使用する」をご参照ください。

  2. 階調を減らしてみましょう。
    [ グラデーション ]ロールアウトには、ゾーンと呼ばれる 4 つの階調を設定するパラメータがあります。
    グラデーションの下端部にフラグが表示されます。
    各フラグでカラーを設定する事が可能です。
    ゾーンはインターフェイス左から、[ ゾーン 1][ ゾーン 2][ ゾーン 3][ ゾーン 4]と命名されています。


    それでは[ グラデーション ]ロールアウトを使用し、 2 階調の質感を設定して見ましょう。[ ゾーン 1][ ゾーン 2]のフラグを左端にドラッグします。 


  3. 色を変えて見ましょう。
    [ グラデーション ]ロールアウトのフラグをダブルクリックし、[ カラー セレクタ ]ダイアログ ボックスを表示します。
     


  4. [ ゾーン 1][ ゾーン 2]の色を変えてみましょう。 

     

  5. ハイライトを入れて見ましょう。
    [ 基本パラメータ ]ロールアウトで[ 鏡面反射レベル ]と「光沢 ]を設定します。
    [ シャープネス ]でハイライトのシャープさを設定出来ます。 


  6. 完成しました。


Pencil+ for 3ds Max チュートリアル