マルチ / サブオブジェクト マテリアルを使用する

Pencil+2 マテリアルは[ 基本マテリアル ]を保持する。というユニークな構造を持っています。
この特徴を利用し、マルチ / サブオブジェクト全体に Pencil+2 マテリアルの効果を設定する方法のご紹介です。

  1. 1 つのオブジェクトに複数のマテリアルを適用したデータを用意します。
    今回はボックス プリミティブを使用し、 5 つの異なるマテリアルを設定したオブジェクト群を1つにアタッチした物を使用します。


  2. Pencil+2 マテリアルを作成します。
    [M]キーを押して、マテリアル エディタを開きます。 [ マルチ / サブオブジェクト ]を選択した状態で[ タイプ ボタン ]をクリックし、[ マテリアル / マップ ブラウザ ]を開きます。ブラウザから[Pencil+2 マテリアル ]を選択し、[OK]をクリックします。 

    [ マテリアルを置換 ]ダイアログが表示されます。
    [ 古いマテリアルをサブマテリアルとして保持しますか? ]が選択された状態で[OK]をクリックします。 

  3. [ グラデーション ]ロールアウトを使用し、 2 階調の質感を設定します。


  4. [ ゾーン 4]では個々のマテリアルで使用した色を、そのまま使用する設定を行います。
    [ ゾーン ]ロールアウト /[ ゾーン 4]タブ /[ ゾーンカラー ]領域 /[ 合成方法 ]チェックボックス
    をオフにします。


  5. [ ゾーン 3]の色を設定します。
    [ ゾーン 3]タブ /[ ゾーンカラー ]領域 /[ 基本色 ] をクリックし色を設定します。また[ ブレンド値 ]を 50 に設定しました。

  6.  レンダリングします。
    [ ゾーン 4]は個々のマテリアルの色を使用する事で、複数のマテリアルに効率的にゾーンを設定する事が出来ました。

Pencil+ for 3ds Max チュートリアル